髪色をピンクにしてきた。バイトの「髪色自由」はどこまで許されるのか問題に挑む パート2

こんにちわ、みたらしです🐰

本日は引き続き
髪色をピンクにしてきた。
バイトの「髪色自由」はどこまで許されるのか問題に挑む 
についてお話をします。

意外とみんな肯定的

ちょっと用事があって、
今日バイト先へ行ってきたのですが、
そのときのみんなの反応は
意外なくらい肯定的でした🥰

びっくりされたけど、
会社的にはOKだし、
似合ってるからいいじゃない(*’▽’)??
とか。
染め直ししなさいって言われたら
わたしがマジックペンで黒く塗ってあげるよ(笑)
とか。
わたしの髪色でOKだったんで、
それくらいなら大丈夫ですよ!!
とか。

拍子抜けしちゃうくらい
肯定的でした☺

ここでバイトしてて
よかったな~って思った瞬間✨

髪色好き放題できるぞひゃっほー☆
って感情よりも、
受け入れられて心がぽかぽかした☀
っていうほうがあってるかなー。

ようは、みたらしが求めていたのは
「受け入れられる(*‘ω‘ *)」
って感覚だったんだろうな~

なんてことにも気がついたりね。

だから今回、思い切って
髪色をピンクにしてみてよかったって思います。

こういう自分でも受け入れてくれる人、
受け入れてくれる場所はあるんだってわかったから。

大げさに感じる??

でもこんなちいさなことでも、
自分の気もちを満たしてあげる
ことができるんだよって伝えたかった☆★

まだ店長には会ってないので
それについてはまた後日~👋

今日も読んでくれてありがとうございました🐇

明日はもっと楽しいことを選ぶよう心がけましょう°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 お仕事のご依頼やプライベートなお悩みのご相談については、こちらまでよろしくお願いいたします。

昨日の記事↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください