スタバで毎日朝活したら太る?全メニュー制覇チャレンジ中【抹茶 ティー ラテ】

こんにちわ、みたらしです🐰

スタバde朝活32日目です。

抹茶 ティー ラテ

本日のお供は
抹茶ティーラテです。
前にアイスを飲んだので
今日はホット~☀

そして抹茶には当然あんこ。
あんバターサンドの出番です。

この前よりちょみっと長く
温めてもらいました。
5秒くらい!

そしたらバターがとろとろに溶けまして…
ゴクリ。

早く食べたい気もちを
抑えて抹茶ティーラテから。
ゴクゴク。

日本人の心に染み渡る〜っっ。
アイスよりもホットのほうが好みです。

やっぱり抹茶といえば
温かい方がいいなぁ。

甘くなりすぎず苦くなりすぎず。
ミルキーなほろ苦さです。

そしてそしてお待ちかねの
あんバターサンド。

ガブリ。

OISHIIII!!!
これはI×4です!
※最上級はI×5

溶けたおかげで
バターのしょっぱさ?
が際立ってるぅぅ!
何これー!!
うますぎる。

あんことバターの最強コンビ。

あんバタちゃん、定番になりませんかね?

ティーラテのミルク感と
あまじょっぱさの織りなすハーモニー。

ごちそうさますぎました。

永遠に食べられる。
また食べたい。

みなさんもぜひ
抹茶とあんこのハーモニーを感じてください。

後悔させませんよ!!

結果がすべてということはない

最近「過程」の大切さを
理解できるようになりました。

ダイエットにしても
仕事にしても
趣味にしても。

今まで結果を出そうと
必死になっていました。

そうすれば不安がなくなって
安心できると思ってました。

でも「結果」だけじゃなく
「過程」にも目を向けよう
としだしてからのほうが
精神的に落ち着いている気がします。

とにかく「結果」を出せばいい。
そうすればこの空っぽな気もちも
満たされると信じていました。

だけどいくら「結果」を出しても
わたしの心は空っぽのままでした。

だから余計に「結果」を求めました。

もっと「結果」を出せばいいんだ。
いい「結果」を出せばラクになれるはず。

そんな思いで
これまで必死にやってきました。

そしてふと思ったんです。

「わたしがいつまで経っても空っぽなのは
過程を蔑ろにしているからじゃないか?」
って。

「結果」にばかりこだわって
「過程」は無視していました。

どんなにしんどいやり方
つらいやり方でも
「結果」が出ればそのやり方が正しい。

だから苦しくても永遠に続けなければいけない。
やめたいのにやめられない。
そんな無限地獄に陥っていたんです。

ダイエットもよく言いますよね。
「無理なダイエットでもやせても
続かないからリバウンドする」

まさにこの現象です。

わたしの場合はそれでも無理して
やり続けてて心も身体も
すり減らしていたんです。

そりゃ悲鳴をあげるわけです!

だから方針を変えたんです。

「結果」だけじゃなく
「過程」も大切にしよう。

たとえうまくいかなくても
それは失敗じゃない。
成功がすべてじゃない。

むしろ経験こそ、
チャレンジこそがすべてだ。

そんな風に考えていくことにしたんです。

価値観を変えていこう

ずーっと無理して踏ん張ってきた人生でした。

もうここらで肩の力を
抜いてもいいんじゃないかな。

そうすれば自然と浮くこともできるだろう。

なんだかうまくいきそうな
「気がする」

こんな気もちが
湧き出てくるようなやり方を発見して
それをまずは試してみる。

トライアンドエラーで試してみる。

その積み重ねで築き上げることができた
「結果」を受け入れるられる人間になりたい。

どんな「結果」でも受け入れて
それを糧にして進んでいける人間になりたい
と切に願います。

もちろんすぐに変われるわけではないけれど
変わっていこうとすることから
人生は変わっていく。
少しずつ変わっていく。

そのことは知っています。

今までもそうだったから。

みなさんも「結果」にばかりとらわれて
「過程」を無視していませんか?

自分に無理をかけていませんか?

無茶、していませんか?

もしかしたら…
と思う人がいれば
わたしと一緒に
ほんのちょーっぴりだけでも
「過程」重視の方針に変えていきませんか?

このブログを読んで、
「みたらしと一緒に変わっていこうかな〜」
と思ってくれる人が1人でもいれば嬉しいです。

今日も読んでくれてありがとうございました🐇

明日も楽しいことを選ぶよう心がけましょう°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


 お仕事のご依頼やプライベートなお悩みのご相談については、こちらまでよろしくお願いいたします。

スタバde朝活31日目↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください