認知行動療法を始めてやってみた。あらためて思ったこと。

こんにちわ、みたらしです🐰

今日は認知行動療法について
お話をしていこうと思います。

本格的にやるのは始めて

先日の診察でもらった
認知行動療法のプリント?を書いてみました。

内容は
「人に嫌われるのが怖い」
について。

仕事でミスをして注意をされたり、
ふとした相手の一挙一動を気にしたり…。

小さい頃からそうでした。
人の顔色をうかがって生きてばかりでした。

母が感情をあらわにする人だったので
(いい意味でも悪い意味でも笑)
「わたしがお母さんのごきげんをとらなきゃ。」
って思うクセがついてしまっていました。

小学3年生のときの担任だった
男の先生がすごく怖い人で、
かわいい女の子にはやさしい人だったりしたから
「先生に好かれるためにがんばらなきゃ!」
とか思ったのも原因の1つかも?

とにかくこれまでのいろんなことがきっかけで

  • 人のごきげんをとる。
  • 顔色をうかがう。
  • 人に好かれる。

こうやって生きていくのが
ふつうだと思ってしまっていたわけです。

そうじゃないと怖くて仕方ない。
人に嫌われるのが怖くて仕方ない。
人に好かれないことはさみしい。
誰かに大切にされたい、必要にされたい。
そんな気もちでいっぱいでした。

これまでにもそんな自分の性格?クセ?
を治そうと努力してきたんですがなかなか治らず。

そしてようやく31歳にして
認知行動療法というものをスタートしたわけです。

わたし自身、いつまでもこんな気もちを抱えたまま
生きていくのはとても辛い。

好きなバイトを人間関係が原因で
辞めてしまうなんて絶対いやだ。

自分の気もち、考え方次第で
どうにかなるのならどうにかしたい。
と思っています。

人の顔色をうかがって、
嫌われることにびくびくして、
好かれるために媚を売る…

そんな自分がとても嫌(´;ω;`)
自分のこと嫌いになるのは
良くないことだけどとても嫌。
もっと自分のこと大切にしてあげたい。

「あの人は努力せずにみんなに好かれるのに、
わたしは必死で努力してもみんなに好かれない。
なんで?なにが悪いの?
こんなにもみんなに好かれたいと
思っているわたしが好かれなくて、
別にそう思っていない人がみんなに好かれるなんて…
うらやましい。」

そんなどろっどろの気もちが
津波のように押し寄せてくる夜もあります。

わかる人にはわかるとは思うのですが
ここまで嫌われることを怖がるのって
なかなかないみたいですね。

そんなわたしですが
これから病院でもいろいろ相談して
克服していきたいとおもってます。

そしてわたしと同じように悩んでる人たちに
わたしが変わることで
少しでも希望を与えれるようになりたいな〜。

今日も読んでくれてありがとうございました🐇

明日も楽しいことを選ぶよう心がけましょう°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 お仕事のご依頼やプライベートなお悩みのご相談については、こちらまでよろしくお願いいたします。

病院について↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください